*

沖縄観光おすすめスポットランキングTOP100|定番から穴場まで

   

SPONSORED LINK

沖縄観光おすすめスポットランキングTOP100

1. 沖縄美ら海水族館

IMG_3691_2出典:http://atamatote.blog119.fc2.com/

沖縄で有名な観光スポットの一つでもある、ダイナミックに泳ぐジンベイザメが有名な美ら海水族館です。見所は35m×27mの巨大水槽を泳ぐジンベイザメやマンタ、40種類以上の生き物を手で触れるタッチプール、イルカショーが見所のオキちゃん劇場、ジンベイザメ水槽前のカフェオーシャンブルーはゆっくり鑑賞しながらカフェタイムが楽しめるくつろぎスペースとなっています。

2. 首里城公園 (首里城)

c0025895_0144512出典:http://legoyokoha.exblog.jp/

琉球王国最大のお城が首里城です。大きな門をくぐると、中国と日本の文化を合体させた、朱色が主体の大きな正殿とオレンジのシマシマが特徴的な御庭(中庭)が広がります。また、守礼門、円鑑池、龍潭、円覚寺一帯を囲んだ地区を首里城公園と言い、首里城を訪れた際は一緒に様々な装飾が目を引く世界遺産を堪能して下さい。見応えたっぷりな定番観光スポットです。

3. 川平湾

3fb2465bf7519ac803bee5aeba2b3fe4出典:http://blog.goo.ne.jp/

石垣島で一番美しいと言われている海辺です。名勝地にも指定されていて、海の美しさは船が浮いているように見えるとして、多くの観光客が訪れます。潮の流れが速い為遊泳は出来ませんが、グラスボートを使った海底見学は一番の人気です。太陽の光によって海の見え方が変わり、青や緑の海水には多くのお魚やサンゴ礁を見ることが出来ます。

4. 国際通り

10fde651出典:http://blog.livedoor.jp/

沖縄のショッピング街と言えば国際通りです。多くのお土産屋さんが並ぶ観光地で大人気の通りです。ここで揃わないお土産は無いと言えるほど、沖縄のお土産がズラリと並んでいます。約2kmの通りには沖縄名物ソーキそばが食べられるお食事処や、沖縄限定Tシャツなどが買える服屋、甚平やかりゆしウェア専門店などもあり、外すことが出来ない観光スポットです。

5. 古宇利大橋

c0179025_13151732出典:http://triton1201.exblog.jp/

古宇利島へ続く大きな橋で、長さ1960mもある日本で最長の無料通行橋です。美しいエメラルドの海をまっすぐに伸びている古宇利大橋は、まさに海の上を走っている感覚です。古宇利大橋の入り口には駐車場があります。車は途中で停まるスペースがないので、ゆっくり海と古宇利大橋を堪能したい人はぜひ歩きまたはレンタルサイクルを借りて渡ってみましょう。

6. 万座毛

caption出典:http://www.tripadvisor.jp/

沖縄海岸国定公園に指定されている東シナ海に面している、ゾウの鼻の形に見える崖が万座毛です。万座毛からの眺めはまさに絶景で、多くの外国人観光客も訪れる定番スポットです。その為、駐車場などは常にいっぱいです。人を気にしながら絶景を見なければいけないのが難点な万座毛ですが、それでも見る価値ありのスポットです。

7. 斎場御嶽

IMG_0567出典:http://tama-happylife.at.webry.info/

琉球王国時代の一番の聖なる場所として人々の信仰を集めていたの所が斎場御嶽です。2000年に世界遺産に登録されて以降、沖縄観光スポットとして人気が出てきました。パワースポットが多いのも訪れる人の目的でもあります。園内の洞窟の形がV字(逆さにすると杯に見える)の三庫理では、天からの恵みを受け取れる場所として訪れるリピーターが多い斎場御嶽一番のポイントです。

8. 古宇利島

SONY DSC出典:http://r-month.blog.so-net.ne.jp/

沖縄で有名な古宇利大橋を進むとそこに車で行ける離島があり、青い海に白い砂浜がとても美しい古宇利島があります。海水浴にも最適なビーチで、シャワー施設なども完備しています。縁結びのパワースポットとしても有名な古宇利島で、2つの岩が重なるとハートの形に見えるハートロックはカップルに大人気のラブスポットです。

9. 首里城正殿

10011967332出典:http://ameblo.jp/

中国の文化を取り入れて建てられた首里城の顔とも言えるのが、入り口を入った正面にそびえる首里城正殿です。3階建てになっている正門で、1階は国王が儀式を行う場所、2階は国王の親族らが儀式を行う場所、3階は屋根裏として、収納や通気口として使用されていました。至る所に龍の絵が彫刻され、龍は国王の象徴だった為、首里城がどれだけ琉球王国時代の中心的城だったかがうかがえます。

10. 今帰仁城跡

MINOLTA DIGITAL CAMERA出典:http://coctonut.exblog.jp/

琉球時代の北山王の城が立っていた所で、今帰仁城跡と言い特徴的な石垣の壁が残る跡地です。北山王は武将の中の武将とも言われた存在で、力強い石垣の建前や、大きさにも人物像がにじみ出ています。迫力ある石垣で湾曲を描いたようにクネクネと構えられており、他の石垣とは一味違った雰囲気を味わえます。また、城の抜け道として作った穴もそのまま保管され、鉄格子から穴を見学する事も出来ます。

11. おきなわワールド

A4AAA4ADA4CAA4EFA5EFA1BCA5EBA5C9A1A6A5B2A1BCA5C8出典:http://maxcarter.seesaa.net/

世界でも美しいと言われている鍾乳洞『玉泉洞』が見られる施設として有名なパークです。300年以上もの月日を経て出来た洞窟です。自然の力と歴史を感じ取れる場所として人気です。また琉球時代の家屋が並ぶ『琉球王国城下町』は実際に生活をして居た家屋がそのまま残されています。観光客に大人気の民謡武芸エイサーショーが開催されているのも目玉です。

12. コンドイビーチ

d51e5d795aeab08a0f1b5707d0170a51出典:http://blog.goo.ne.jp/

竹富島の有名なビーチです。波がほとんどなく、浅瀬が続くビーチなので、お子様は思い切り海の中を堪能できる安全なコンドイビーチです。浅瀬のため、魚などは居ませんが、海の透明度は抜群で、海辺をゆっくり散歩して過ごしたいカップルや、どこまでも続く浅瀬で思い切り楽しみたい家族連れには大人気のコンドイビーチです。シャワー施設は完備されていますが海の家はありません。

13. 平久保崎

IMG_90022出典:http://www.geocities.jp/

石垣島最北端で、平久保崎灯台が建っています。最北端という事で、毎日多くの方が訪れる人気のスポットです。駐車場から近く、車で行くには便利な場所に平久保崎灯台があります。灯台からは綺麗な海と青い空、水平線が、訪れる人の心を爽やかなムードにしてくれます。車が無いと不便な場所にある為、レンタカーをした方にぜひ訪れていただきたい平久保崎です。

14. 竹富島の集落

c0168163_14411786出典:http://kotaro2003.exblog.jp/

赤瓦屋根の家と、道が白砂で埋め尽くされた村です。実際に沢山の方が住んでいて、その村の石垣や石垣の上にあるシーサーが沖縄感を醸し出しています。村は細い道が多く迷いやすい為、ホテルなどで地図を入手してから行きましょう。名物として、水牛に乗って竹富島集落を周れるツアーもあります。水牛に乗って、伝統ある竹富島散策はいかがでしょうか。

15. 与那覇前浜

img_0出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

宮古島で一番を誇る7000mも広がるロングビーチです。無料駐車場完備で、そこにはシャワーとトイレが完備してあります。与那覇前浜はとにかく長くビーチの為、日陰が無いのでパラソルが必要です。有料での貸し出しがあります。ビーチ沿いには小さいながらもいくつかレストランがあります。シュノーケルも楽しめるので、お子様連れなら迷わず与那覇前浜を選ぶ人が多いです。

16. ナゴパイナップルパーク

img_0 (1)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

パイナップルの博物館とも言えるナゴパイナップルパークです。館内は、お子様に大人気のパイナップル号で個別に移動する他、ガイドと共に歩いて回る2コースから選べます。パイナップルが木に生っている様子を観察したり、南国溢れる庭園をお散歩出来ます。また無料でパイナップル食べ放題も出来、お土産も沢山売っているのでフルーツ好きにはたまらないスポットです。

17. なごみの塔

2d33161ff34e32f79f63a03f08ed210d出典:http://blog.goo.ne.jp/

竹富島の穴場スポットとして密かに有名な塔がなごみの塔です。1953年頃に建てられたなごみの塔は、住民に津波情報や様々な連絡場所として使われていました。連絡手段はメガホンだったそうです。今では竹富島そ街並みを一望出来る場所として解放され、村と海が一望出来るとして、観光客の穴場スポットとなっています。

18. 守礼門

DSCF0745出典:http://machitabi.blog89.fc2.com/

首里城の入り口に建つ立派な門を守礼門と言います。首里城には沢山の門がありますが、守礼門は別名上の綾門と呼ばれ、上の方ににある美しい門と言う意味があります。名前にふさわしく、綺麗な佇まいで出迎えてくれます。また2000円札の絵柄にもなっているので、2000円札片手に記念撮影をしましょう。

19. 亜熱帯植物楽園由布島

20140630_i_cm_IMG_7650出典:http://www.jalan.net/

心地よい風に揺られながら水牛車にのって由布島へ向かいます。浅瀬をゆっくり進む水牛車は風情があり、運転している方の沖縄民謡も聞けたりと、コストパフォーマンス抜群の時間が過ごせます。園内は亜熱帯性植物園となっており、所々に水牛の像があり記念撮影が出来ます。小さなカフェが園内にあり、ゆっくりお茶も楽しめます。名物の水牛車に乗って渡る時間は、時が止まったかのようなゆったりとした時間が流れます。

20. 琉球村

d0152544_395437出典:http://kimamatime.exblog.jp/

琉球時代にタイムスリップしたかのような世界が広がるテーマパークです。園内には琉球衣装が着られるコーナーや、名物エイサーショーが見られる他、琉球ガラスで作るアクセサリー体験や土粘土を使って作るシーサー体験などを開催しています。テレビの撮影でも利用される園内には、撮影ポイントが沢山あります。雨でも楽しめる体験コーナーはご家族に大人気です。

21. 星砂の浜(西表島)

9b2c90ee6e40cd9dd7e1f6a417f7a615出典:http://blog.goo.ne.jp/

西表島の北に位置するビーチで、砂浜に沢山の星砂があることから星砂の浜と呼ばれています。星砂は微小な海の単細胞生物の骨格で、星の形に似ていろことより星砂と呼ばれています。持っていると幸運に恵まれるとして、多くの方が星砂探しに訪れます。小さい砂なので小瓶をもってくると持ち帰り易いです。またシュノーケルポイントとしても人気のビーチです。

22. 石垣港離島ターミナル

DSC07305出典:http://neetjohn.blog41.fc2.com/

石垣島の南に2007年にオープンしたターミナルです。石垣島離島ターミナルからは、船でしか行けない西表島や黒島、竹富島や波照間島などへの主要アクセスポイントとして、観光客をはじめ地元の方々に多く利用されているターミナルです。大きな駐車場は、早く行かないと満車になってしまうほどです。観光客の為のコインロッカーなども用意されていて、荷物はそこに入れて離島へ行きましょう。

23. 玉取崎展望台

2fe5c00d10db1a62f14667533b283570出典:http://blog.goo.ne.jp/

ドライブコースとしてお勧めできるポイントのひとつで、空港近くにある見晴らしの良い展望台『玉取崎展望台』です。ここは車でしか来れないポイントなので、ぜひ空港近くでレンタカーをして訪れていただきたいポイントです。玉取崎展望台からは、青い空にグラデーションがかった海だけを堪能出来ます。周りに建物が何も無いのがポイントです。人が少ない穴場スポットの為、ゆっくり景色を楽しめます。

24. 海洋博公園

J0lk0eQŠ0出典:http://blog.livedoor.jp/

海洋博公園は沖縄国際海洋博覧会が開催されたことによって記念に建てられた公園です。園内には有名な美ら海水族館があります。海洋博公園中央には大きな階段があり、目の前に見える海の風景に圧倒されます。お子様が喜ぶ遊具も沢山設置されており、水が吹き出る広場やネットで作った遊具が人気です。展望デッキからは綺麗な夕日をみながらくつろげるカフェもあります。

25. 美浜アメリカンビレッジ

8877a9f4出典:http://blog.livedoor.jp/

東京ドーム5個分の大きさにもなる総合テーマ施設として沖縄旅行では定番の観光スポットとなりつつあるのが美浜アメリカンビレッジです。宿泊施設を始め、ショッピングエリアやグルメ、大きな観覧車があり、今現在も大きく改装され続けています。施設内は建物や町並みが工夫され、夜には綺麗なネオンが街を飾ります。夕日の名所サンセットビーチは、夕日はもちろん朝日も絶景で、お散歩される外国人も多く見かける有名スポットです。

26. 砂山

137687794705313219718出典:http://stepinokinawa.at.webry.info/

宮古島にあるビーチで、アーチ型をした岩があり、遊泳にも人気の砂山です。アーチ型の岩は、長い月日をかけ、風や波により自然の力で岩が削られて出来ました。綺麗な海にアーチ型の岩が雰囲気をプラスして、まさに南国の海と言うイメージにぴったりです。砂山は、ビーチの砂がとても細かいことでも有名で、素足で歩くと気持ちが良い砂質です。

27. 残波岬

d0177632_12242678出典:http://shore134.exblog.jp/

読谷村にある、高さ30mの断崖が2km続いている岬を残波岬と言います。まさに断崖絶壁とはこの事だと言えるくらいの崖に絶句すること間違い無しと言えます。崖に行くまでの道は岩があり危険なのでスニーカーで行きましょう。また駐車場隣の公園には巨大シーサーがあるので記念撮影もかね、足を運んで下さい。残波岬からは夕日が一番綺麗に見える6時頃からがおすすめです。

28. オキちゃん劇場

C8FEA4E9B3A4A5AAA5AD20037出典:http://diaper.seesaa.net/

海洋博公園内にある無料施設で、イルカのおきちゃんが軽快な技を披露してくれるスペースです。美ら海水族館とは別施設となります。毎日無料で開演しており、おきちゃんのイルカショーと、ダイバーが水中でイルカとともに披露してくれるダイバーショーの二つがあり、どちらも見所たっぷりです。夕方からのサンセットをバックに行われるショーが一番人気です。

29. 備瀬のフクギ並木

6d64eebf出典:http://blog.livedoor.jp/

フクギは、昔から防風林として台風の多い沖縄地域で家の周りに植えられてきた木々です。フクギが今も残っている集落が備瀬地区にあり、250件ほどが今もフクギに守られて生活をしています。備瀬地区内には、フクギが両サイドをアーチのよおに囲む並木道があり、密かに旅行客には人気のスポットで、強い日差しから優しく守ってくれる木々を愛おしく思える空間が広がっています。

30. ひめゆりの塔

20090809123138出典:http://d.hatena.ne.jp/

糸満市にあり、沖縄戦争で唯一の地上戦となった際に、多くの犠牲者を出したひめゆり学園の生徒や教師たちの為に建てられた像がひめゆりの塔です。戦後の翌年1946年に、犠牲となった親族や友人らによって建て、病院跡地に建てられました。ぜひ戦争とはどんなものか、平和とはどんなに幸せなことかを考える為にも、沖縄に来た際にはぜひ訪れていただき、見ていただきたいです。

31. 東平安名崎/平安名崎灯台

32afe888c8fc53133bf08701c624957f出典:http://blog.goo.ne.jp/

宮古島南端に2km海に突き出た部分を東平安名崎と良い、東平安名崎に建つ灯台を平安名崎灯台と言い、高さ25mあります。白くまっすぐ空に向かいそびえ立つ、ひときわ目立つ灯台です。東シナ海が一望できる平安名崎灯台は、カップルに人気の観光スポットです。ゆっくり登ればキツくない高さなので、ぜひ360℃広がるパノラマの世界を灯台上から満喫して下さい。

32. 西桟橋

1721f30f出典:http://blog.livedoor.jp/

竹富島の西にある2005年ね国の有形文化財に指定された西桟橋です。橋の先端の眺めは、海しかない、海を独り占めしたかのような気分になれる場所です。多くの方が西桟橋先端からの眺めを見にやってきます。夕日が綺麗に見えるとして定番ですが、星空も綺麗です。明かりがないので懐中電灯片手に星を見に出かけてみましょう。

33. 海中道路

47322aj2200122911_1出典:http://www.jalan.net/

うるま市にある道路で、海の上に作られた主要道路です。海を埋め立てて造られ、全長5kmになります。海中道路からは宮城島や平安座島などへ行く大切な一本道となっています。ドライブコースとしても有名で、途中にはパーキングエリアがあるので、ゆっくり休憩も出来ます。ドライブを楽しむカップルや、地元の人も多く利用している海中道路パーキングです。

34. 真栄田岬

121812349877616403946出典:http://imaimani.at.webry.info/

恩納村にあり、シュノーケリングやダイバーに人気のポイントにある岬です。その海の透明度は人気の理由がわかるほどです。真栄田岬からは、シュノーケリングを楽しむ人たちの姿も見ることが出来ますが、海の色のグラデーションは圧巻です。サンゴ礁部分は色が濃く、岬からでも確認出来るほどです。シュノーケリングを楽しんだ家族やダイバーが、こぞって訪れる岬です。

35. 池間大橋

K_5_2074出典:http://junk-life.blog.so-net.ne.jp/

宮古島と池間島を結ぶ離島架橋で、全長1425mの橋です。橋を渡り始めると途中停車が出来ないので、橋の手前に駐車スペースがあるので、そこに車を止めて浅瀬に降りてゆっくり過ごしている人が多いです。海の色は濃いグリーンと青のグラデーションで、夜は綺麗な星空を見に来るカップルが多いポイントです。ドライブコースに入れて欲しい橋の一つです。

36. 首里金城町石畳道

cimg1083_sh01出典:http://sonopieno.cocolog-nifty.com/

首里城から続く石を引き詰めて作った道で、全長340mになります。その風景は沖縄ならではの風情があり、お散歩コースに最適です。石畳をぼんやりながめながら歩くと首里金城町石畳道の下まであっという間に着いてしまいますが、坂道となっているので、戻る際にキツイと感じる人も多いです。歩くのが好きな人には最適なお散歩道です。

37. 勝連城跡(世界遺産)

img_1出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

琉球王朝時代に市民に慕われていた阿麻和利の城を建てた跡地が勝連城跡です。見所としては、標高差20mもある四の曲輪の階段です。軍隊の制圧を逃れるために建てたもので、その迫力には驚きの一言です。上まで登ると素晴らしい景色が360℃広がる一の曲輪があり、そこからは知念半島や海中道路も見え、海の中に経っているような感覚を感じる事が出来ます。

38. 座喜味城跡

20080824001429出典:http://f.hatena.ne.jp/

読谷村にある、戦国時代の武将・護佐丸が建てた防衛を目的としたお城の跡地です。座喜味城の造りは最高レベルと言われ、損傷を受けずに戦国時代を生き抜く事が出来ました。その為石造りの壁は綺麗なまま残っています。自由に城壁に登れるようになっているので、夕日をバックに素晴らしい写真が撮れるという事で、隠れ写真スポットとして知られています。

39. 沖縄県営平和祈念公園

271284b4025e60c02165e89cf700c918出典:http://blog.goo.ne.jp/

沖縄戦で犠牲になった人の名前が全て書かれている平和の礎や、平和を祈り続ける為に建てられて平和祈念像、沖縄戦についての詳しい資料や遺品などが展示してある平和祈念資料館などが併設されています。他には多目的広場も用意されており、ピクニックも楽しめます。沖縄戦争を忘れない為にも、園内を散策した後は、ゆっくり広場で平和について考える時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

40. 西表島マングローブ

20070110131454出典:http://f.hatena.ne.jp/

日本最大のマングローブが西表島マングローブです。観光ツアーで行く事が出来ます。遊覧船に乗り、船長さんの解説を聞きながら過ごす時間は、歩く事が不自由なお年寄りや、小さいお子様に大変おすすめです。途中で立ち寄る場所には、日本で最大のサキシマスオウノキ(マングローブに生息する常緑高木が観れるポイントにも立ち寄り記念撮影が出来ます。

41. ニシ浜

wall_1920_11出典:http://okista.net/

波照間島にある美しいビーチが広がっているのがニシ浜です。北に位置するビーチですが、”ニシ”と言います。沖縄では北を”ニシ”と言う風習がある為、ニシ浜と呼ばれています。ビーチには何も無い為、ご飯などは持って行きましょう。トイレとシャワーはあります。海はシュノーケルすると沢山のお魚を見る事が出来ます。何も無いのが逆に心地よく感じるビーチなので、ゴミゴミしたビーチが苦手な人にはおすすめの浜です。

42. 広福門

img3c4eb2f0zikfzj出典:https://plaza.rakuten.co.jp/

首里城の第4の門を広福門と言います。建物がそのまま門になっている造りで、建物の真ん中をくり抜いた所が門となっています。広福門には福を行き渡らせると言う意味合いがあります。全面赤い色で塗られており、福が集まるには相応しい門構えです。ぜひ首里城に行かれた際は、広福門をくぐり、福を吸収してください。

43. ハテの浜

IMG_2167出典:http://www.kanko-kumejima.com/

久米島を代表する、砂浜だけが広がる小島で、東洋一とも言われているのがハテの浜です。ハテの浜はメーヌ浜とナカノ浜を含めた浜を、まとめてハテの浜と呼びます。ツアーでしか行け無い浜で、沢山のツアー会社がハテの浜ツアーを扱っています。パラソルの貸し出しやシュノーケルの貸し出し、グラスボートで行けたりなど、それぞれオプションが違いますのでいろいろなツアーを検索してみましょう。

44. 首里城 園比屋武御嶽石門

1344868b12ebd8f12c2b40e4889c42f6出典:http://blog.goo.ne.jp/

首里城の守礼門と歓会門の中間にある石の門が園比屋武御嶽石門です。琉球王三代目の王・尚真が建てた石門です。尚真が外交などに出かける際に石門の奥の森で安全を祈願したと言われています。森には神がいるとして信仰されていました。世界遺産に登録されており、今では門をくぐることは出来ませんが、その佇まいは風情と年代を感じます。

45. 壺屋やちむん通り

39752出典:http://media-cdn.tripadvisor.com/

国際通りの奥にある一本道には、古くから沖縄の名産でもあった焼き物を扱うお店が並ぶ一角があります。その名も『壺屋やちむん通り』と言い、代々受け継がれている壺屋から、個性あふれる陶器などを扱うお店が並んでいます。また300年以上も前に使われていた”南窯”と言う壺を焼く釜も残されています。道路は石畳で作られており、壺屋やちむん通りは昔から変わらぬ風景が残った通りでもあります。

46. 玉陵

123489287253916125602出典:http://ogurat.at.webry.info/

有力者の墓として、尚真により1501年に建てられました。琉球時代は墓の大きさによって身分を表すとも言われていた程、墓には重要な役割がありました。玉陵には有力者だった人の石棺が祀られています。お墓の為華々しいとは言えませんが、独特の雰囲気のある場所で、一度は見ておきべき玉陵です。

47. 黒島

OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典:http://asaasa32.exblog.jp/

八重山諸島にある島で、形がハートに似ている島の為、別名ハートアイランドとも言われています。緑も多く、牛が黒島人口の10倍以上もいる牛島とも言えます。魅力詰まった島で、信号もなく、交番もありません。のんびりとした時間の流れる離島で、人柄も島同様穏やかです。名産黒毛和牛の美味しさも、この黒島の恵みと優しさが生み出しています。交番が無いことも島の自慢で、住んでいる人々みんなが家族のような、そんな温かい雰囲気のする黒島です。

48. 辺戸岬

DVC00015.JPG出典:http://whereiskokoro.blog34.fc2.com/

沖縄本島最北端にある絶景ポイントです。最北端ならではのダイナミックな景色をみる事が出来ます。一年を通して風が強く吹く為、岬から見る海は、大きな水しぶきをあげて海岸に打ち付けられます。日の出も有名なので、ぜひ朝早く起きて見に行くべき絶景です。またアメリカから沖縄が返還されて1972年にお祝いとして建てられて日本祖国復帰闘争碑が辺戸岬の中央に建てられています。

49. 識名園

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA出典:http://ra-menn.at.webry.info/

琉球王国の別邸として建てられ、国王がくつろぐ場所として、また中国からの使者を接待する場所として使われていました。保養を目的に作られている為、園内は広々とした空間で、池の周りを歩きながら観察出来る回遊式庭園の為、中国文化を取り入れた庭園もゆっくり観察出来ます。のんびり観光したい人におすすめのスポットです。

50. 来間大橋

img_0 (2)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

宮古本島と来間島を結ぶ全長1690mの橋です。日本で一番長いとされる農道橋で、来間大橋がかけられた事により孤立していた来間島が栄えたとして、島の人々の宝物です。ウミガメが見れる穴場ポイントでもあり、車を橋手前に駐車して歩いて渡る事をおすすめします。綺麗な海と心地よい海風がお散歩気分を盛り上げてくれます。

51. 瀬長島

sea_sky_senaga出典:http://okinawaweb.seesaa.net/

空港近くにある瀬長島は、飛行機の離発着が見られる場所として有名です。また自衛隊も近く、戦闘機も見られる飛行機好きにはたまらないスポットです。海と飛行機の絶妙な写真も撮る事が出来ます。空港からは無料送迎バスが出ているので、利用しましょう。飛行機までの時間つぶしに、朝から来られる方が多いです。

52. 御神崎

img_0 (3)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

石垣島の西に位置する御神崎です。夕日が綺麗に見える隠れスポットとなっています。崖の上に白い灯台が建っているだけの場所ですが、周りをふさぐ建物は何もない為、素敵な夕日を見る事が出来ます。車でないと来れない場所にあり、周りに何もない為、訪れる人は少ないです。自分だけの夕日が見れる、そんなゆっくりとした時間を過ごせる場所です。

53. ガンガラーの谷

o0800053412004385451出典:http://ameblo.jp/

南城市にある、東京ドームとおなじ規模を持つガンガラーの谷は、鍾乳洞が長い年月をかけて崩壊し出来た森で、川も流れる大森林です。自然あふれるガンガラーの谷をガイドと共に回るツアーが人気で、沢山のパワースポットを巡ります。森にはいろいろな形をした鍾乳石があったり、珍しい昆虫類に出会える場所としてお子様にも大人気です。また2500年前の人骨が発見された武芸洞も見学出来ます。

54. 下地島パイロット訓練飛行場

src_11279620出典:http://4travel.jp/

下地島にある、訓練専用の飛行場です。滑走路の近くを車で走行でき、最近では飛行回数は減っていますが飛行機の横を走れる貴重な場所です。また海は宮古ブルーと言われるほど綺麗な色で、海を眺めに行くだけでも十分楽しめます。飛行機を真下から見る迫力は想像を絶する迫力です。車がないといけない場所にあるのが、少し難点ですね。

55. 米原ビーチ

9423e577出典:http://blog.livedoor.jp/

浜辺から歩いて入れる浅瀬でも綺麗なお魚を見る事が出来る米原ビーチです。サンゴ礁が広がる海なので、足を切らない為にもマリンブーツが必要です。ビーチ周辺にレンタルショップがありあす。潜らなくてもお魚が見えるので。お子様でも堪能出来ます。沢山のお魚と泳げる素敵な米原ビーチです。

56. 旧海軍司令部壕

IMG_5762a出典:http://shgeking.seesaa.net/

日本海軍設営隊が1944年に作った司令部の基地です。米軍からの攻撃に耐えられるようコンクリートで硬く埋め立てて造られました。通路は迷路のような作りで、幕僚室は作戦を練る為に作られた部屋ですが手榴弾跡もそのまま残っています。下士官兵員室や司令官室も当時のまま残っています。中に入ると収容されていた多くの兵士たちの思いが伝わって来て、考えさせられる事が多い旧海軍司令部壕です。

57. 中城城跡

DSCF3664出典:http://65014.blog.fc2.com/

琉球時代の六連郭の城跡です。数ある城跡が残っている沖縄の中で、手つかずで最も美しいと言われているのが中城城跡です。横一直線にの小高い山の上に建っているので、眺めも素晴らしく中城湾が綺麗に見えます。日の出が綺麗に見られる穴場ポイントが三の郭外壁の側の広場です。初日の出を見に訪れる場所として、地元民に人気のポイントです。

58. マナティー館

photo出典:http://slowhappiness.cocolog-nifty.com/

国際保護動物に指定されているマナティーが見られる貴重な場所で、水面と水中からマナティーの動きを見る事が出来ます。海洋博公園内にあり、無料で見学出来ます。人魚伝説を持つ貴重なマナティーを冷房完備の部屋でゆっくり観察出来ます。休憩を交えて、ぜひ可愛いマナティー館へ訪れてください。

59. エメラルドビーチ

Exif_JPEG_PICTURE出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

海洋博公園内にある砂浜が真っ白のエメラルドビーチです。海の色は名前の通り綺麗なエメラルド色で、海水浴場100選にも選ばれています。屋根の付いた休憩スペースがあり、カヌーの無料体験やシャワーの利用も無料の為、多くの家族連れでビーチは賑わっています。美ら海水族館からも近いので、水族館で楽しんだ後に気軽に立ち寄れるビーチです。

60. 池間島

a65010952b5b38d8022c157c66356ad7出典:http://blog.goo.ne.jp/

池間島は宮古島から専用の池間大橋を渡ると着く小島です。綺麗な海が特徴の池間島です。手つかずの自然が残っている池間湿地があり、大カニを見る事も出来ます。またプライベート感覚で楽しめる極秘ビーチが多いのも、ビーチマニアの中では有名で、カギンミヒダビーチがおすすめです。ロープを伝って行かなければ降りれない場所で、池間灯台から池間大橋に行く途中にあります。

61. 米原のヤエヤマヤシ群落

src_10879337出典:http://4travel.jp/

ヤエヤマヤシは八重山群島にしか生存しない大型ヤシです。約150本のヤエヤマヤシが集中して生存している場所です。遊歩道があるので、木陰のお散歩としては快適なコースで、ヤエヤマヤシ群落付近だけ違った空気感で、ジャングルのようです。マイナスイオンをたっぷり浴びる事ができるので、ドライブの途中で少し立ち寄るのに良い場所です。

62. やちむんの里

26015_0000407125_1出典:http://www.jalan.net/

読谷村には多くの陶芸家が窯を構えています。共同窯を構えている工場が並ぶ一帯をやちむんの里と言います。横に長い赤い瓦屋根がポイントで、九室連房になっている登り窯があり、焼かれた陶器を読谷山焼と言い購入可能です、また沖縄人初の人間国宝金城次郎さんが作品を作っていた窯もやちむんの里にあり見学出来ます。陶芸好きには堪らない工房です。

63. ウミガメ館

caption出典:http://www.tripadvisor.co.uk/

海洋博公園内にあるウミガメ専門館です。世界に居る8種類のウミガメのうち5種類のウミガメを飼育しています。無料で見学出来、ウミガメが泳ぐ様子を海中からも観察出来ます。ウミガメの生態についても学べ、お子様には良い勉強になる施設です。海洋博公園に訪れた際にはぜひ立ち寄って、優雅に泳ぐウミガメをご覧下さい。

64. 瀬底ビーチ

img_2出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

瀬底島にある透明度抜群のビーチです。各種マリンスポーツが楽しめるビーチで、パラセイリング、ジェットスキー、円板型のUボートが楽しめます。人気のプランがバナナボートで沖に行きシュノーケリングが出来るセットプランです。浅瀬にもお魚やナマコがいたりと、アクティブに遊びたい人におすすめのビーチです。

65. 石垣やいま村

src_10109201出典:http://4travel.jp/

八重山の昔からある瓦屋根が特徴的な家並みを再現した最南端のテーマパークです。琉球衣装を着れるコーナーや、シーサーに色付けが出来る体験コーナー、ボリビアリスザルが自然に近い状態で飼育されているコーナーもあります。リスザルに餌をあげる体験はお子様に大人気です。名蔵アンパルでは亜熱帯性植物や国指定天然記念物の甲羅が丸みを帯びたセマルハコガメに出会えるコーナーもあり、自然と動物溢れるテーマパークです。

66. 新城海岸

B5DCB8C5C5E720247出典:http://kabaty-in-miyako.seesaa.net/

家族連れが多いほのぼのとしたビーチです。海の家などは無く、仮設シャワーのみ設置されているビーチですが、無料の屋根付きテーブルが置いてあるなど、ゆっくりビーチで楽しみたい家族向けのポイントです。シュノーケルも楽しめるビーチです。売店などが無いので、行く前に購入してから行きましょう。

67. 歓会門

OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典:http://homepage2.nifty.com/

首里城の正門を歓会門と言います。石で作られた門構えの上には木で出来た櫓があるのが特徴です。首里城に向かう一番初めに通る門で、歓迎の門とも言われています。両脇にはシーサーが飾られており、沖縄の雰囲気を大切にした造りです。門と言うよりは囲いといっても良いほど、沢山の石で囲まれている歓会門です。

68. 石垣島鍾乳洞

ad223fa30e6ed4d9f3610e1b8d88544f出典:http://blog.goo.ne.jp/

石垣市内にある、アクセスに便利な鍾乳洞です。約600m続く洞窟内ですが、そこまで段差があったりせず、お子様やお年寄りでも楽しめる構造となっています。所々にイルミネーションが施され、幻想的な雰囲気が漂っています。鍾乳洞の中は沖縄とは思えないほどひんやりとしており、涼しいひと時が過ごせます。イルミネーションのある鍾乳洞は他には無いため、玉泉洞などとは違う雰囲気を楽しめます。

69. 来間島

c0179025_13151732出典:http://triton1201.exblog.jp/

宮古島太平洋に浮かぶ小島で、来間橋を渡って5分くらいの距離にあります。さとうきび畑が広がる来間島は、日頃の疲れを癒すには最適な島です。ビーチでのんびりお昼寝するにも最高のロケーションです。集落も昔からそのままの状態で変わらず残っているので、ゆっくりとそた時間が流れています。軒先でお昼寝も快適です。賑わった繁華街などは無いですが、そこが魅力の来間島と言えます。

70. 波上宮

d3361e746678acb051425d4259c4ef33出典:http://blog.goo.ne.jp/

那覇市にある神社で崖の上に建っています。波上宮では、海の神に豊漁と穀物が沢山取れて平和に過ごせるように参拝する、地元の方々が多く訪れます。目の前が海と言うロケーションが沖縄らしい神社です。近くを通った際は、ぜひ滞在中の無事故無病や楽しい滞在が出来るようにと、参拝に訪れましょう。

71. 波の上ビーチ

2cea5c19出典:http://blog.livedoor.jp/

那覇市内で唯一遊泳可能なビーチです。海で遊んだあとに市内観光が出来るよう、更衣室も完備されており、設備が整った都会はビーチと言えます。海に行く時間が取れなかった人におすすめのビーチです。バーベキューのスペースもあり、地元の方も良く訪れるビーチで朝から賑わっています。人口のビーチですが海は綺麗です。

72. 那覇市立壷屋焼物博物館

img_0出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

やちむん通りにある壷焼について学べる博物館です。焼き方や種類などを詳しく学ぶことが出来ます。那覇市立壷屋焼物博物館で知識を学んでからのショッピングは、壺の種類なども理解しながらお買い物が楽しめるのでおすすめです。ミニシアターによる映画解説もあるので、お子様でも学べるよう工夫されています。

73. 竜宮城展望台

b4ee90d9出典:http://blog.livedoor.jp/

宮古島で一番綺麗と言われる与那覇前浜の対岸が一望出来る展望台です。場所がわかりずらい為か、観光客は少ないです。展望台からの眺めは最高なので隠れ絶景スポットの一つです。ナビで検索して行くと迷わず到着出来ます。ぜひドライブコースに立ち寄って見ましょう。プライベート気分を味わうには絶好の展望台です。

74. ビオスの丘

142_2出典:http://ht-kurumi.cocolog-nifty.com/

うるま市の高台にある植物テーマパークです。川をせき止め植物園として作った空間を、船や水牛車に乗って回ります。体力のある人はカヌーで回るツアーがおすすめです。またお子様に大人気の昆虫や植物についてのクイズ形式スタンプラリーもあります。大きな広場もあり、子羊を連れてお散歩出来るコーナーは常にお客様が居るほど大人気です。ビオスの丘は、沢山の沖縄植物と動物により心安らぐ時間を過ごせるテーマパークです。

75. 通り池

img_0 (1)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

下地島にある穴が二つぽっかりと空いた所に水が溜まった場所を通り池と呼びます、2つの池は、実は海底で繋がっていて、海に続いています。通り抜け出来ると言うことから通り池と呼ばれていますが、ダイバーの中ではダイビングポイントとしても有名です。人魚伝説もある通り池は、池の周りを木で出来た柵で囲ってあり、遊歩道になっているので、池の周りを安全に回って見学する事が出来ます。

76. 高那崎・日本最南端の碑

caption (1)出典:http://www.tripadvisor.jp/

高那崎は日本最南端の岬で、1970年に北海道から日本横断をして来た学生がアルバイトで貯めたお金で建てた記念碑があります。記念碑の周りには47都道府県より集められた石が敷き詰められています。沖縄観光に来たからには是非立ち寄って欲しいスポットですが、距離が遠いせいか、観光客の数は少ないです。記念にもなりますので、ぜひこの最南端の岬高那崎まで足を運んでみましょう。

77. 久高島

94d4dc881c4e44fdc0a1b386ff826713出典:http://blog.goo.ne.jp/

久高島は、琉球王国を作り始めた場所として神の島と呼ばれています。琉球の神アマミキオが天から降りてきた聖なる地で、島全体がパワースポットで一杯です。レンタルサイクルを使って島を回るのがおすすめです。久高島には、島民以外は立ち入りが禁止されている場所が点在するため、回る際には注意が必要です。大自然と素朴な久高島は、民宿が3件あるのでぜひ一泊過ごしていただき、聖なるパワーを感じて欲しい島です。

78. 阿波連ビーチ

caption (2)出典:http://www.tripadvisor.jp/

サンゴ礁に囲まれたビーチは、シュノーケルに最適なポイントです。お魚への餌付けが禁止となっていますが、餌付けしなくても沢山のお魚を見る事が出来ます。ウミガメの遭遇率も高く、出会っても追いかけずゆっくり鑑賞しましょう。阿波連ビーチ向かいには無人島があり、渡し船で行く事が出来ます。周辺には色とりどりのお魚がいますのでぜひ行ってみましょう。ビーチは貸し出しパラソルなどが用意されていますので、ゆっくりビーチを堪能出来ます。

79. 知念岬公園

caption (3)出典:http://www.tripadvisor.com/

斎場御嶽の奥にある公園を知念岬公園と言います。斎場御嶽を見学した後に寄れる場所で、眺めは太平洋を一望出来る素晴らしい海が広がっています。広々とした公園で、観光客も少ないのでカップルでゆっくり過ごすには最高のデートスポットです。神の聖地と呼ばれる久高島も見え、ロマンチックな時間が楽しめます。

80. 西平安名崎

o0800052911382849877出典:http://ameblo.jp/

宮古島北に位置する西平安名崎の見どころと言えば、岬へ行くまでに通る道に並んでいる風車の群れです。風力発電に利用されています。風車の大きさに驚くと共に、美しい海と青い空に映える白い風車は圧感です。東シナ海に面している為、風が強く吹き、大きな風車は常にフル回転です。地元の人たちの自慢は岬から眺める夕日で、観光客が少ない為、のんびり夕日が沈むまで堪能出来る場所です。

81. ピナイサーラの滝

2009091115350050f出典:http://site2913.blog5.fc2.com/

西表島の観光スポットとして人気です。滝の高さは55mで沖縄県最大の滝です。ピナイサーラの滝上流へ行くトレッキングツアーが人気で、上から見下ろす滝壺や、周りの景色は最高に爽快です。1時間ほど歩くツアーなので、シューズでの参加をおすすめします。滝壺で泳げるカヌー付き体験ツアーもあり、お子様連れにはカヌー付きコースがおすすめです。水着を着て参加しましょう。

82. 浜比嘉島

f479c9df出典:http://blog.livedoor.jp/

うるま市から海中道路と浜比嘉大橋を渡ると、神々が住んだ島伝説が残る浜比嘉島に到着します。沖縄には沢山の神伝説の島が存在しますが、浜比嘉島もその一つです。4兄弟が伝説に登場し、浜比嘉島に土をもたらし木々を植え、子孫を産み代々島と共に暮らしを見守ってきたとされる伝説です。島にはアマミーチュシルミーチュと言われる子孫繁栄の洞窟があり人気のスポットです。

83. ひめゆり平和祈念資料館

20120416043028出典:http://d.hatena.ne.jp/

沖縄戦で活躍されたひめゆり学生隊についての資料が展示されている博物館です。日本人として知るべき事実と、平和に生活している自分がいるのはひめゆり学生隊の方々の有志があったからこそだという事を考えさせられる博物館です。戦争を知らずに育ってきたからこそ、知らなければいけない内容がつまった博物館となっています。当時を知る人のビデオ上映や実際に生で話が聞ける貴重な体験の出来る施設でもあります。

84. 首里金城の大アカギ

okinawa2 (23)出典:http://blog.livedoor.jp/

首里の内金城嶽境内には大きなアカギの木が6本生えており、樹齢200年とも言われています。沖縄戦争を生き抜いた大木は困難を乗り越えたくましく生き残っています。戦争前は至る所にアカギが生えていたそうですが、残っているのは首里金城の大アカギだけです。パワースポットとしても有名なので、ぜひ幹に触れ、偉大なるパワーを吸収して下さい。

85. イムギャーマリンガーデン

130332677出典:http://negi.livedoor.biz/

宮古島の南にある海で、地形は入江のようになっている為、波もなくシュノーケルポイントとして有名で、ダイビング初心者の練習をするポイントにもなっています。海の透明度も高く、遊歩道からでも海底が見えます。シュノーケルのレンタルが出来るので、手ぶらで行っても楽しめます。遊歩道には何軒か休憩出来る場所があるので、休憩しながら美しい海を眺めることが出来ます。

86. ニライ橋 カナイ橋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

南城市にある橋でドライブコースとして有名です。ニライ橋とカナイ橋が合わさりニライカナイ橋と呼ばれています。トンネルがあり、トンネル上部は展望スペースになっています。駐車場が無い為、入り口に路上駐車して展望スペースへ行きましょう。ニライカナイ橋は遊歩道を歩いて渡れる為、ぜひ橋入り口の駐車スペースに車を停め、のんびりお散歩をしながら遠くに見える久高島を眺めてみましょう。

87. 古宇利オーシャンタワー

c0187076_9301937出典:http://ysusu.exblog.jp/

古宇利島の新観光スポットとして人気になりつつあるのが古宇利オーシャンタワーです。館内には貝展示館があり約1500種類もの世界の貝殻が展示されています。色とりどりの貝にお子様は大感激です。入り口からは距離があるので電動カートで連れて行ってくれます。電動カートからも広大な海が見えるのは感動物です。展望広場はガラス張りになっているので雨の日でも気にせず景色を楽しむことが出来ます。

88. 雪塩ミュージアム

img_0 (3)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

世界のモンドセレクション金賞を受賞した沖縄名産雪塩の資料館です。雪塩が出来るまでの工程などをガイドさんが解説してくれます。お土産コーナーも充実していて、人気は雪塩ソフトクリームと雪塩石鹸です。ソフトクリームは色々な味の雪塩をふりかけ食べます。抹茶が一番人気です。石鹸は沖縄土産に喜ばれる一品です。

89. 海の駅あやはし館

o0800060012909307524出典:http://ameblo.jp/

有名な海中道路の中央にある海の駅です。1階はお土産コーナーとレストランがあり、新鮮なお魚も購入出来ます。2階には与勝半島の歴史や沖縄の海や自然についての資料館となっており、ゆっくり見学出来るスペースとなっています。1階にはオーシャンビューのレストランもありますが、テイクアウトが出来るお店が並んでいるので、外の展望スペースで海風を感じながらのお昼も最高です。

90. 福州園

130835890202116216213_P1030480出典:http://bt9.at.webry.info/

那覇市の創立70周年と中国福州市の友好10周年を記念して作られた中国式庭園です。中国より職人を招いて作られた為、まさに中国の庭園と言える光景が広がっています。園内に入ると一際目立つ2塔の白い塔が建っています。鳥塔と白塔と言います。また一番の見所は小高い丘から流れ出る滝と滝上部に建てられた展望台です。中国らしさの漂う展望台からは那覇市が一望出来ます。

91. 吉野海岸

c0015099_21585931出典:http://knos3.exblog.jp/

宮古島にあり、シュノーケルが有名なビーチとして多くの観光客が訪れます。サンゴ礁で囲まれている為、満潮時には沢山のお魚をビーチ付近で見ることが出来ます。駐車場からは送迎バスでビーチまで行かなければならないので、少々便利性には欠けます。トイレやシャワーなどはビーチ沿いに完備されています。ビーチも綺麗に管理されており、送迎バスで行かなければ入れない事がかえって綺麗に保つ秘訣になっていると言えます。

92. 伊計島

src_10807686出典:http://4travel.jp/

海中道路を通り、平安座島と宮城島を通った先にある手付かずの自然が残った小島です。車でしか行けないアイランドです。綺麗なビーチはもちろんのこと、釣り堀やさとうきび畑がある自然あふれる伊計島です。港町の伊計島は波照間島と似た雰囲気ですが、アクティビティーが充実している為、宿泊を兼ねてゆっくり滞在し楽しむお観光客が多いです。

93. 沖縄県立博物館 美術館

entrance2_nsm出典:http://okiguru.seesaa.net/

おもろまちにある博物館と美術館を合わせ持った施設です。博物館には巨大なガラス質の火山岩や1万8千万年前に住んでいた港川人と原始時代に生息していた動物の再現模型などが展示されています。美術館には沖縄県ゆかりの作家達の現代美術品や彫刻、骨董品などが展示され、写真による昔と現在の沖縄についても紹介されています。

94. 仲本海岸

src_11171010出典:http://4travel.jp/

黒島でもっとも有名な海岸です。サンゴ礁が綺麗な海岸ですが、ビーチでゆっくり出来るスペースが無いのが難点です。小さなお子様には岩が多いためおすすめは出来ません。しかしシュノーケリングには最高の海岸です。流れも速いためライフジャケット着用が決まりとなっており、無料貸し出しがあります。

95. 渡嘉敷島

486161108_7669a5f909出典:https://www.flickr.com/

慶良間諸島で一番大きな島です。海も綺麗な島ですが、渡嘉敷島はお米を年に2回同じ場所で育てる二期作で有名です。またビーチからでもウミガメが見られる場所として有名です。宿泊施設ベランダから海をボーッと眺めているだけでも見られるほどウミガメ遭遇率の高いです。お子様とのんびり過ごしたいご家族にはぴったりの島です。田んぼ道を歩いた先に見える海風景も絶景です。

96. 大岳

o0560037212102734596出典:http://ameblo.jp/

小浜島の中央に立つ小高い山です。高い山ではないので登ることが出来ますが、段差の低い階段が300段ほど続きますので小さなお子様やお年寄りにはきつく感じる山道です。しかし、山道を登りきった頂上からの眺めは、周りに山が無い為小浜島全島が見渡せます。ぜひ大岳の山頂まで登り、綺麗な夕日や朝日を満喫しましょう。

97. 渡口の浜

img_0 (4)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

伊良部島にあるビーチで波が穏やかな遊泳に向いているビーチです。観光客が本当に少ないビーチで、プライベート感を楽しみたいカップルにおすすめです。波がおだやかなので浮き輪に乗ってプカプカ浮いていると思わずお昼寝したくなるほど穏やかな波です。砂浜も白い砂が綺麗で、ロングビーチとなっています。

98. おきなわワールド文化王国 玉泉洞

500_10659987出典:http://4travel.jp/

玉泉洞は30万年以上も前から作り上げられた鍾乳洞です。おきなわワールド文化王国内にあります。1963年から玉泉洞についての研究が始められました。全長5000m、つらら状の鍾乳石は100万本以上を誇る国内最大級の鍾乳洞です。現在は890mが一般公開されています。薄暗い玉泉洞内は神秘的な雰囲気が漂うと同時に探検家になったような気分を体験でき、お子様にも大人気です。

99. オリオンハッピーパーク

app-043901200s1406873687出典:http://chinattsu.ti-da.net/

沖縄名物オリオンビールについての博物館です。館内はオリオンビールについての解説はもちろん、試飲コーナーもあり、大人が喜ぶ施設です。ビールを発行させる工程や、缶詰に入れられる際の工程も見学出来ます。ノンアルコールビールもあるので運転手も一緒に楽しめます。お土産コーナーではオリオンビールはもちろん限定Tシャツなども販売しています。

100. 奥武島の畳石

28eaea0c46af41d76e3e7a023cc52973出典:http://blog.goo.ne.jp/

西奥武島の南海岸にある、県指定天然記念物の珍しい形をした岩が群がっているポイントを奥武島の畳石と言います。干潮時に姿を表し、総数1000個以上、250mも続く浜です。安山岩質の溶岩が、冷えることにより割れ目が生じて出来た世界でも珍しい自然現象です。歩いて渡ることも出来、畳石の上に立つと感じる自然のパワーを味わってください。

SPONSORED LINK

  関連記事

江ノ島観光を日帰りで子供と120%楽しむスポット50選

江の島は関東でも有名な観光スポットですが、江の島市という場所があるわけではありま …

関東で観光やデートにおすすめの穴場スポット36選|シルバーウィークやGWなどの休日に

今回はゴールデンウィークやシルバーウィークなどの連休に関東でおすすめの穴場をピッ …

ド定番!京都観光おすすめスポットランキングBEST100|外国人、子供連れ、カップル必見

京都は世界の観光ランキングで、日本都市唯一のトップ10入りで、1位という誰もが認 …

鹿児島観光おすすめランキングスポットTOP50|カップルや子供にもぴったり
金沢観光おすすめスポットランキング44選|定番から穴場まで

平成27年の春に新幹線が開通したことで、全国的に見ても金沢はトップレベルの観光地 …

神戸観光おすすめスポットランキングTOP63|デートの定番から穴場まで
大阪の雨の日デートスポットランキング35選|定番から穴場まで

大阪都構想・・・失敗に終わっちゃいましたね。やっぱり投票は高齢者ばかりだったので …

鎌倉観光デートにもおすすめランキングTOP50|定番から穴場スポットまで

学生時代歴史の勉強を真面目にしていない人でも、いい国作ろう鎌倉幕府だけは覚えてい …

浅草観光おすすめスポットランキングTOP60|定番から穴場まで

浅草は戦後を暫く活気が失われていましたが、今では外国人にも大人気の観光スポットに …

東京都内でカップルにおすすめ!のんびり雨の日デートスポットランキングTOP50

よし。ずっと楽しむにしていた場所にやっといけるぞ!そんな意気込みも虚しく突然の雨 …