*

山形観光おすすめスポットランキングTOP50|名所から穴場まで

      2015/10/03

足を運んだことがない人であれば、山形の名所はなんですか?と質問されても全く答えることが出来ないんじゃないかな。

グルメであれば米沢牛、ラーメン、蕎麦、お米などが有名ですが、観光名所はなかなか思いつかないですね。

そこで、今回は山形観光スポットを名所から穴場まで50個まとめてみました。東北地方は冬になるとめちゃくちゃ冷えるためか、真冬でも楽しめるスポットが沢山ありますよ!

SPONSORED LINK

山形観光おすすめスポットランキングTOP50

1. 宝珠山立石寺

256b1280出典:http://community.travel.yahoo.co.jp/

山寺(やまでら)の通称で知られる「宝珠山立石寺」は天台宗の寺院で、貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山しました。最上部の奥の院までの階段が1070段あり、風が吹き抜けるお堂からの眺めもいいです。松尾芭蕉が訪れたことが『奥の細道』にも記録されており、当地で名句「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」を詠んだとのことで、参道に句碑があります。

詳細情報
住所 山形県山形市山寺4456-1
アクセス 山寺駅から徒歩で10分
地図 Googleマップ
営業時間 8:00~17:00
料金 ●入山料
・大人:300円
・中学生:200円
・4歳児以上:100円
※30名以上で団体割引適用
お問い合わせ 023-695-2843
公式サイト 宝珠山 立石寺

2. 上杉神社

uesugi02出典:http://tencoo.fc2web.com/

米沢の観光地として、まず最初に名前を挙げられるのが「上杉神社」です。 上杉謙信公を祀る神社で、上杉謙信公の像や上杉鷹山公の像と「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」の有名な歌碑もあります。境内の池の鯉にえさをやることもできるので、家族連れでゆっくり過ごせます。

詳細情報
住所 山形県米沢市丸の内1-4-13
アクセス 米沢駅からバスで10分上杉神社前バス停から徒歩5分
地図 Googleマップ
営業時間 ・6:00~17:00(春夏秋)
・7:00~17:00(冬)
お問い合わせ 0238-22-3189
公式サイト 上杉神社|直江兼続・米沢.com

3. 山居倉庫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

米どころ庄内のシンボルとして有名なのが「山居倉庫」です。米の保存と集積を目的に明治26年に建設されたものですが、驚くことに現在も農業倉庫として使われています。落ち着いた雰囲気のけやき並木と白壁の倉庫というレトロな景観は、映画やドラマの撮影などにも数多く使われています。土産店、食事処、ミュージアムなども揃う、観光スポットです。

詳細情報
住所 山形県酒田市山居町1-1-20
アクセス ・JR酒田駅から車で約5分
・日本海東北自動車道 酒田ICから車で約15分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0234-24-2233 (酒田観光物産協会)
公式サイト 山居倉庫|観光スポット|酒田さんぽ

4. 鶴岡市立加茂水族館

d48aaa4d出典:http://blog.livedoor.jp/

クラゲにフォーカスしている水族館と言えば「鶴岡市立加茂水族館」で、別名は「クラゲドリーム館」です。世界的にも珍しいクラゲの展示で有名です。50種類以上の展示はギネス世界記録に認定されています。クラゲの他には庄内沖に生息する約140種類の魚 、アシカショーや、クラゲの生態解説、自然界で暮らすウミネコとの交流を楽しめます。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
アクセス 鶴岡駅からバスで35分
地図 Googleマップ
営業時間 ・8:30~17:00
・8:30~18:00(7月18日~8月31日)
料金 ・小中学生:500円
・高校生以上:1,000円
※20名以上で団体割引適用
お問い合わせ 0235-33-3036
公式サイト 鶴岡市立加茂水族館

5. 羽黒山五重塔

e32ed1625d6245301103b3b8cde88fa9出典:http://blog.goo.ne.jp/

羽黒山の三神合祭殿へ至る参道の途中に「羽黒山五重塔」は建っています。東北では最も古く、国宝に指定されていますが、ひっそりと佇む様は、他所の五重塔とは異なる趣を感じることでしょう。近くには樹齢1000年、幹の回り10mもの巨杉、「爺杉」があります。五重塔に至るまでの石段は滑りやすいので注意してください。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市羽黒町手向
アクセス 鶴岡駅からバスで35分、徒歩で15分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0235-62-4727(火曜日休日)

6. 山形城跡 霞城公園

img_1 (4)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

最上氏の祖、斯波兼頼が、延文2年(1357年)に築城したと伝えられている山形城の名残を残すのが「山形城址 霞城公園」です。一部では、現在も発掘調査が行われています。最上氏11代当主義光の代に、関ヶ原合戦の戦功により、57万石の大々名となり、100万石の城下町として山形は繁栄しました。山形市郷土館、山形県立博物館、山形美術館、最上義光歴史館などの多くの文化施設があり、桜の名所としても知られています。

詳細情報
住所 山形県山形市霞城町3
アクセス ・北山形駅出口から徒歩約22分
・東金井駅出口から徒歩約48分
・山形駅西口出口から徒歩約25分
地図 Googleマップ
営業時間 入園自由
お問い合わせ 023-641-1212
公式サイト 山形市観光協会

7. 山寺 五大堂

YRS12出典:http://jinjyaotera.blog.fc2.com/

山寺のゴール地点奥の院から少し下ったところにあるお堂が「五大堂」です。1000段もの階段を上って見られる風景は格別です。眼下には山寺駅や門前町が広がり、僧侶の修行地である釈迦堂や胎内堂、崖に掘られた修行用の洞窟などを見れば、山全体が信仰の対象であるこの地の厳しさを感じることもできるでしょう。向かいには奥羽山脈の山々も望めます。

詳細情報
住所 山形県山形市山寺4456-1
アクセス ・山寺駅出口から徒歩約5分
・高瀬(山形県)駅出口から徒歩約54分
地図 Googleマップ
料金 ・高校生以上:200円
・小中学生:100円
お問い合わせ 023-695-2843
公式サイト 山寺・立石寺(山形県)山中随一の絶景、五大堂を訪ねて見よう

8. 山形蔵王温泉スキー場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

樹氷の間を滑ることができるスキー場と言えば「蔵王温泉スキー場」です。リフトやゴンドラがいくつもある大きなスキー場で、雪の量はとても多く、気温が低いのでさらさらした雪質で快適にスキーが楽しめます。ゴンドラで頂上まで登ると、すぐ樹氷の世界が広がっています。アフタースキーに古くからある温泉地でゆっくりくつろげることも魅力の1つです。

詳細情報
住所 山形県山形市蔵王温泉940番地1
アクセス 山形駅からバスで約40分
地図 Googleマップ
営業時間 ・蔵王スカイケーブル(上の台駅~中央高原駅):8:15~17:00
・蔵王中央ロープウェイ(温泉駅~鳥兜駅):8:15~17:00
料金 リフト、ロープウェイ、ケーブル共有乗車料金表
お問い合わせ 023-694-9617
公式サイト 山形蔵王温泉スキー場ガイド

9. 文翔館(山形県旧県庁舎及び県会議事堂)

381b8df1出典:http://blog.livedoor.jp/

山形県旧県庁舎及び県会議事堂は大正5年の建築で、共に国の重要文化財の指定を受けています。赤レンガの県会議事堂に対し、旧県庁舎は灰色がかった色調でこの印象の違いを見るのもまた面白いです。昭和50年まで県庁舎として使用されていました。館内に入るとボランティアガイドさんがおり、説明をしてくれます。

詳細情報
住所 山形県山形市旅篭町3-4-51
アクセス 山形駅からバスで8分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~16:30
料金 無料
お問い合わせ 023-635-5500
公式サイト 山形県郷土館「文翔館」

10. 蔵王温泉大露天風呂

img_3 (1)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

山形において自然の中の大露天風呂といえば「蔵王温泉大露天風呂」です。200名が同時に入浴できるほどの大きさです。お風呂は二段になっていて、上流側が温度が高いので、のぼせたら下流側に行く、など使わけができます。着替える場所とロッカーはありますが、洗面台や洗い場などはありません。それでも自然の中での解放感は何物にも代えがたいものです。

詳細情報
住所 山形県山形市蔵王温泉
アクセス 山形道山形蔵王ICより西蔵王高原ライン経由、蔵王温泉方面へ20分
地図 Googleマップ
営業時間 ・6:00~日没
・11月上旬~4月下旬は休業
料金 450円
お問い合わせ 023-694-9417
関連サイト 蔵王温泉大露天風呂

11. 羽黒山

e8a79387出典:http://blog.livedoor.jp/

「羽黒山」は出羽三山の1つで、月山、湯殿山と合わせて出羽三山と呼ばれています。山内のいたるところに高浜虚子の句碑、野口雨情の詩碑などをみることができます。松例祭は羽黒山の代表的な祭です。大晦日から元旦未明にかけて、合祭殿内や鏡池前広場、補屋などで、烏跳び・国分神事などの色々な神事を見ることができます。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市羽黒町手向
アクセス ・JR鶴岡駅からバスで53分山頂まで
・JR鶴岡駅からバスで38分「羽黒センター」下車
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0235-62-2355(出羽三山神社)
公式サイト 羽黒の見どころ 羽黒山

12. 三神合祭殿

ca127bfe96b29796e3e40cb51440438b出典:http://blog.goo.ne.jp/

羽黒山にある、出羽三山の三神を祀る豪壮な社殿が「三神合祭殿」です。山岳修験の道場である、出羽神社と、厳冬期、雪で参拝できない月山と湯殿山を祀ってあります。2000段以上の階段を登りきったところに、茅葺屋根の神社が見えます。内部は総漆塗りの権現造となっています。三神合祭殿をお参りすれば3つを巡礼したことになるので、余裕がない方はここだけでも訪れたいところです。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市羽黒町手向 羽黒山頂
アクセス 鶴岡駅からバスで50分、羽黒山頂バス停から徒歩で5分
地図 Googleマップ
営業時間 出羽三山歴史博物館:8:30~16:30
料金 ●出羽三山歴史博物館
・大人:300円
・高、大学生:200円
※20名以上で団体割引適用
お問い合わせ 0235-62-2355
公式サイト 出羽三山神社 公式ホームページ

13. 旧済生館本館(山形市郷土館)

S出典:http://muneokentiku.blog.so-net.ne.jp/

霞城公園内に建つオレンジ色の鮮やかな近代建築は「旧済生館本館」です。1878年に山形県立病院として建設されたもので、国の重要文化財の指定を受けています。現在は郷土館として開放されています。入口で靴を脱がなければいけないので注意が必要です。円形の回廊と中庭のある構造で、螺旋階段やステンドグラスなど、内部の散策も楽しいです。

詳細情報
住所 山形県山形市霞城町1-1(霞城公園内)
アクセス 山形駅から徒歩で10分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~16:30
料金 無料
お問い合わせ 023-644-0253
公式サイト 旧済生館本館 — 山形県ホームページ

14. 立石寺中堂(根本中堂)

15db0_0000650402_1出典:http://www.jalan.net/

山寺の登山口から少し石段を上った正面に見えてくる伽藍が「立石寺中堂」です。根本中堂とも呼ばれ、国の重要文化財です。この本堂は階段をほとんど上らずに参拝することができるので、体調や天候で山頂まで行けない場合はこちらだけでも参拝すると良いでしょう。 中堂は宝珠山立石寺の本堂になり、正面に飾られている木彫りの招福布袋尊は見る価値のあるパワースポットでもあります。

詳細情報
住所 山形県山形市大字山寺4456-1
アクセス ・山寺駅から徒歩で10分
・山形駅からバスで40分バス停山寺駅前下車徒歩10分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 023-695-2002
公式サイト 山形市観光協会

15. 米沢城跡・松が岬公園

s44出典:http://www004.upp.so-net.ne.jp/

上杉家の居城である米沢城の城址が「米沢城跡・松が岬公園」です。 伊達氏による奥羽支配の拠点だったところです。上杉神社、上杉博物館、上杉伯爵邸、上杉城史苑などが集まっています。上杉博物館で、織田信長から上杉謙信に送られたという洛中洛外図屏風のレプリカを見、上杉伯爵邸ではお茶を飲み、郷土料理を頂き、上杉城史苑でお土産を探す、という過ごし方ができます。

詳細情報
住所 山形県米沢市丸の内1-4-13
アクセス JR米沢駅より市民循環バス右回りで11分
上杉神社前下車、徒歩5分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~17:00
料金 稽照殿:400円
お問い合わせ 0238-21-6226
公式サイト 山形県米沢市 米沢観光物産協会公式ホームページ

16. 蔵王山

imgd5da2195zik0zj出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

大和の国・吉野にあった蔵王権現を祀って以来今の名を称するようになったと言われている「蔵王山」。修験道の修行の場として、山麓では農業神、水神の住む霊山として、さらに山岳(蔵王)信仰が成立しました。熊野岳と刈田岳間の「馬ノ背」と呼ばれるあたりは、火山岩や火山礫で覆われる荒涼とした地で、木は生えていません。夏はトレッキング、秋は紅葉狩り、冬スキーを楽しめます。

詳細情報
住所 山形県山形市・上山市
アクセス 蔵王中央ロープウェイ乗り場へ
JR山形駅から山交バス蔵王温泉行きで40分、蔵王温泉下車、徒歩5分
地図 Googleマップ

17. 月山

img_0出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

標高1,984mの「月山」はトレッキングにお勧めの山です。リフトを利用すると、標高1500mの8合目までは行くことができます。そこからは約3時間の行程です。整備されていて道に迷う心配はなく、携帯もつながりやすいので安心です。森林限界を超えるので、開けた景色を楽しみつつ歩けます。頂上手前はみ岩の急斜面になっているので、注意が必要です。また山小屋は夏から秋の初めしか開いていません。

詳細情報
住所 山形県東田川郡庄内町
アクセス ・鶴岡駅からバスで50分八合目まで
・清川駅から車で45分八合目まで
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0237-74-5130(月山朝日ガイド協会)
関連サイト 月山登山案内

18. 鳥海山(出羽富士)

SANYO DIGITAL CAMERA出典:http://hojinashi.cocolog-nifty.com/

頂上に雪が積もった様が富士山に似ていることから、出羽富士とも呼ばれ親しまれているのが「鳥海山」です。標高2,236mの活火山で、麓の庄内平野・本庄平野などに豊かな海の幸・山の幸を与えてくれます。特に鳥海山の伏流水によって、このあたりのお米がおいしく育つので、数多くの名酒が生まれています。写真撮影やトレッキングなど、色々な楽しみ方ができます。

詳細情報
住所 山形県飽海郡遊佐町 酒田市
アクセス ・吹浦駅から車で35分
・酒田駅からバスで70分(大平登山口まで)
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0234-72-5666
公式サイト 鳥海山登山ガイド-鳥海国定公園観光開発協議会-

19. 湯の花茶屋 新左衛門の湯

src_13078052出典:http://4travel.jp/

日帰りで温泉が楽しめるのが「湯の花茶屋 新左衛門の湯」です。こちらのお湯は身体に刺激に強い強酸性泉で、昔から虚弱体質の改善などに利用されてきました。酸性の強さは、湯船にタオルを入れると2、3日でぼろぼろになるほどです。美肌にも効果があります。湯上りに、ソフトクリームが人気が高く、また外には無料の足湯もあります。

詳細情報
住所 山形県山形市蔵王温泉川前905
アクセス 山形新幹線山形駅より蔵王温泉行バス45分
終点蔵王温泉より徒歩5分
地図 Googleマップ
営業時間 ●お風呂、売店
・平日:10:00~18:30
・土日祝日:10:00~21:30
●お食事処
・平日:10:00~18:30
・土日祝:11:30~15:00、17:30~20:30
料金 ・大人:700円
・子供:400円
・1歳以上幼児:200円
お問い合わせ 023-693-1212
公式サイト 山形蔵王温泉「湯の花茶屋 新左衛門の湯」

20. 蔵王国定公園

dsc340E4BA8CE58FA3E6B893E8B0B7E381AEE7B485E89189出典:http://withyoume.seesaa.net/

蔵王連峰からなる山岳公園が「蔵王国定公園」です。広い駐車場・トイレ・レストラン・お土産屋さんなどが完備され、山上へはいくつかのロープウェイに乗っていくことができます。お天気のいい日、運が良ければ雲海が広がる景色も見られます。ここを拠点にトレッキングやスキー、温泉など、まさに高原リゾートを満喫することができます

詳細情報
住所 宮城県柴田郡川崎町前川
地図 Googleマップ
お問い合わせ 022-211-2672
公式サイト 蔵王国定公園 – 宮城県公式ウェブサイト

21. 樹氷鑑賞

28517940_3316900473出典:http://kenjiro1967.blog.so-net.ne.jp/

蔵王の名物と言えば樹氷です。樹氷の発見は大正元年で、昭和4年に新聞で紹介されたことで有名になりました。樹氷の時期は12月下旬から3月上旬で、樹氷の成長ピークは2月です。樹氷鑑賞にはいくつかの手段があります。山頂駅展望台では山頂駅周辺の樹氷を間近で安全に観ることができます。山頂のレストランでは大きな窓から快適に観賞できます。寒いのが苦手な人にはロープウェイ車中からの鑑賞もおすすめです。

詳細情報
住所 山形県山形市蔵王温泉
蔵王ロープウェイ山頂線沿線および地蔵山頂駅周辺
アクセス JR山形駅からバスで40分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 023-694-9518
関連サイト 蔵王温泉スキー場イベントインフォメーション

22. 鶴岡カトリック教会天主堂

caption出典:http://www.tripadvisor.com/

白い壁に赤いとんがり屋根の教会で黒い聖母マリア像が有名な「鶴岡カトリック教会天主堂」 は明治36年にフランス人宣教師によって建てられました。内部は自由に見学でき、写真撮影もできます。「貼り絵」と呼ばれる窓絵も必見です。薄い透明な紙に描かれた聖画を二枚のガラスで挟んだものです。高価なステンドグラスに代わりでしたが、現在この種の窓絵は、日本でここだけでしか見られません。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市馬場町7-19
アクセス ・鶴岡駅からバスで10分
・鶴岡市役所から徒歩で3分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0235-22-0292
公式サイト 鶴岡カトリック教会

23. 米沢市上杉博物館

imgf15c8be6zik6zj出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

米沢の歴史を学べるのが「米沢市上杉博物館」です。織田信長が上杉謙信に送った狩野永徳の手による〝上杉本洛中洛外図屏風〟のレプリカや、可動式の能舞台が見どころです。上杉鷹山の生き様をシアターで見られたり、タッチすると絵の解説を読むことのできる画面など、さほど歴史に興味が無い人でも、楽しめる工夫がなされています。

詳細情報
住所 山形県米沢市丸の内1-2-1伝国の杜
アクセス 米沢駅からバスで12分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~17:00
料金 ・小中学生:100円
・中、高、大学生:200円
・大人:410円
※20名以上で団体割引適用
お問い合わせ 0238-26-8001
公式サイト [伝国の杜]米沢市上杉博物館・置賜文化ホール

24. 最上義光歴史館

06201cc3290030872_1出典:http://www.jalan.net/

戦国武将最上義光公について学びたいなら「最上義光歴史館」がお勧めです。霞城公園からすぐのところにあります。11代城主最上義光は山形の町の土台を築いた人物です。館内にはその功績を伝える甲冑などの遺品の数々や最上家の歴史についての展示があります。また、山形城にまつわる資料なども見ることができます。

詳細情報
住所 山形県山形市大手町1-53
アクセス 山形駅から徒歩で15分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~16:30
料金 無料
お問い合わせ 023-625-7101
公式サイト 最上義光歴史館

25. 銀山温泉 和楽足湯

guide000000177519_1出典:http://www.jalan.net/

宿泊しないで、銀山温泉を気軽に楽しめる場所といえば「銀山温泉 和楽足湯」です。大正ロマンを感じさせる温泉街の中にあって、足の疲れをゆったりと川を眺めながら癒すことができます。銀山温泉へ向かう道の脇はスイカ畑が広がっており、名物のスイカを食べながらの足湯は気持ちのいいものです。やけどしそうなほど熱いお湯もありますので、気を付けてください。

詳細情報
住所 山形県尾花沢市大字銀山新畑地内
アクセス 東北中央道東根ICよりR13経由、銀山温泉方面へ45分
地図 Googleマップ
営業時間 6:00~22:00
料金 無料
お問い合わせ 0237-28-3933 (銀山観光案内所)
公式サイト 銀山温泉 ~ 郷愁を感じるノスタルジックな町並み ~

26. 土門拳記念館

0d07da5f出典:http://blog.livedoor.jp/

酒田市生まれの写真家、土門拳については「土門拳記念館」で詳しくわかります。日本で初めての写真による美術館です。土門拳は、日本の著名人や庶民などのポートレートやスナップ写真、寺院、仏像などの伝統文化財を撮影し、戦後日本を代表する写真家の一人とされている人物です。館内を見て回ると、土門の強いエネルギーを感じることでしょう。

詳細情報
住所 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)
アクセス 酒田駅からバスで20分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~16:30
料金 ・小中学生:100円
・高大学生:210円
・大人:430円
お問い合わせ 0234-31-0028
公式サイト 土門拳記念館 | Ken Domon Museum of Photography

27. 湯殿山神社

o0750050012389624590出典:http://ameblo.jp/

温泉が噴き出る岩がご神体の珍しい神社が「湯殿山神社」です。シャトルバスに乗り、降りてからは階段を歩きます。徒歩では月山神社から3時間ほど急峻な山道を通るルートがありますが、こちらだとより自然崇拝の精神が感じられるでしょう。参拝は裸足で足を清めて行います。本宮は社殿がなく、お湯の湧き出る巨岩が御神体となっています。靴を脱いで熱いお湯の流れる岩の上を歩き最後は足湯があります。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市田麦俣字六十里山7番地
アクセス 鶴岡駅からバスで85分
地図 Googleマップ
営業時間 8:30~16:00
お問い合わせ 0235-62-2355
公式サイト 出羽三山神社 公式ホームページ

28. 致道博物館

f016887320080510002217出典:http://chido1950.exblog.jp/

鶴岡城跡が鶴岡公園になっており、庄内藩主酒井家の屋敷だったところを博物館として公開しているのが「致道博物館」です。藩主御隠殿・古庭園・茅葺屋根の多層民家・民具の蔵、日本刀や鎧兜などを通して鶴岡の歴史に触れることができます。見物の後は茶室でお抹茶を頂く、というのもまた趣のある過ごし方です。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市家中新町10-15
アクセス ・鶴岡駅からバスで10分
・鶴岡駅出口から徒歩約26分
・山形自動車道 鶴岡ICから車で10分
地図 Googleマップ
営業時間 ・9:00~17:00(3月~11月)
・9:00~16:30(12月~2月)
料金 ・一般:700円
・高大学生:380円
・小中学生:280円
お問い合わせ 0235-22-1199
公式サイト 致道博物館 Official site

29. 上杉家廟所

SONY DSC出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

戦国時代の名将、上杉謙信のお墓を真ん中に、両側に歴代の上杉家当主の墓が整然と並んでいる「上杉家廟所」は樹齢400年にもなる杉林に囲まれ神聖な雰囲気が漂っています。左へ2代景勝公から10代治憲公までの偶数の代の祠堂が続いて、中央から右へ3代定勝公から11代斉定公までの奇数の代の祠堂が並んでいます。ボランティアガイドによる説明も受けられます。

詳細情報
住所 山形県米沢市御廟1-5-30
アクセス 米沢駅からバスで15分、バス停「御廟所西口」から徒歩で5分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~17:00
料金 ・小中学生:100円
・高大学生:200円
・大人:350円
お問い合わせ 0238-23-3115
公式サイト 上杉家廟所|米沢観光NAVI

30. 地蔵山

d0106628_06290488出典:http://ogata215.exblog.jp/

蔵王でスキーをする人にはおなじみの、蔵王地蔵尊は「地蔵山」にあります。標高約1660mに鎮座しているこの地蔵は、高さ2.34mあり、1775年に作られました。建立後、山での遭難者が少なくなったことから「災難よけ地蔵」と呼ばれ、200年以上経った今も、不慮の災難を逃れられると伝えられています。地蔵山はこの災難よけの地蔵に守り続けられている、神秘的な山なのです。

詳細情報
住所 山形県山形市蔵王山
アクセス JR山形駅から山交バス蔵王温泉行きで45分、終点下車、
徒歩10分の蔵王ロープウェイ山麓駅から樹氷高原駅乗り換え15分、
山頂駅下車、徒歩5分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 023-694-9328
関連サイト 蔵王地蔵尊・三大神めぐり | 蔵王ロープウェイ

31. 上杉記念館(旧上杉伯爵邸)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

上杉家第14代藩主上杉茂憲伯爵の別邸として明治29年(1896年)に建てられた建物が現在の「上杉記念館」です。屋根は緑青の銅板吹き、柱は木曽ヒノキ、門・玄関は総ケヤキ造りと、贅をつくした重厚なつくりの建物です。この中にあるレストランでは米沢牛や郷土料理を食べられ、ゆっくりとしたひとときを過ごすことができます。

詳細情報
住所 山形県米沢市丸の内1-3-60
アクセス 米沢駅からバスで10分
地図 Googleマップ
営業時間 10:00~18:30
お問い合わせ 0238-21-5121
公式サイト 上杉記念館(旧上杉伯爵邸)

32. 山形県立博物館

06201cc3290031830_1出典:http://www.jalan.net/

霞城公園の敷地内にある「山形県立博物館」では国宝土偶の〝縄文の女神〟を見ることができます。これは日本で一番大きな土偶で、独特なポーズをしています。古い感じのする博物館ですが、古代の歴史が好きな方なら行く価値のある博物館と言えるでしょう。他には県指定天然記念物の化石「ヤマガタダイカイギュウ」の展示もあります。

詳細情報
住所 山形県山形市霞城町1-8(霞城公園内)
アクセス 山形駅から徒歩で10分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~16:30
料金 ・成年:300円
・学生:150円
お問い合わせ 023-645-1111
公式サイト 山形県立博物館

33. 十六羅漢岩

img_0 (2)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

日本海で命を落とした漁師の供養と海上安全祈願のために海禅寺の和尚様が作らせたという「十六羅漢岩」は、鳥海山が噴火した際に日本海まで流れ出た溶岩を彫って作られました。日本海の波が打ち寄せる岩場に直接彫られた羅漢像が点在しています。十六羅漢とありますが、仏像は22体あります。ただし、風化が進んでいて、全てを見つけるのは今では難しくなっています。

詳細情報
住所 山形県飽海郡遊佐町吹浦
アクセス 吹浦駅から徒歩で15分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0234-72-5666(遊佐鳥海観光協会)
公式サイト 十六羅漢岩 | 遊佐鳥海観光協会|山形県遊佐町

34. 最上義光騎馬像

a0248182_9421463出典:http://castle1.exblog.jp/

霞城公園の正面にある大手門をくぐるとすぐ目につく大きな像が「最上義光騎馬像」です。両足を高く掲げた馬に騎乗し、突撃の号令をかけている勇壮な騎馬像です。昭和52年(1977年)に制作されました。特徴は騎馬像が完全に二本足で立っているところで、世界の騎馬像にも例を見ません。今にも動き出しそうな、躍動感あふれる銅像は一見の価値があります。

詳細情報
住所 山形市霞城町3
アクセス 山形駅から徒歩10分
地図 Googleマップ
公式サイト 山形市観光協会

35. 春日山林泉寺

51b4c365出典:http://blog.livedoor.jp/

上杉家重臣の直江家の菩提寺である「春日山林泉寺」には直江兼続とその妻・お船の墓があります。上杉謙信によって越後で建立され、上杉家のお国替えに伴って米沢に移されました。上杉家廟所には代々の上杉家当主の墓がありますが、こちらには当主の家族の墓が見られます。冬季は拝観を行っていません。

詳細情報
住所 山形県米沢市林泉寺1-2-3
アクセス 米沢駅からバスで15分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~17:00
お問い合わせ 0238-23-0601
公式サイト 山形県米沢市 曹洞宗 春日山林泉寺

36. 稽照殿

img_6出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

米沢市の観光の中心的存在である上杉神社の宝物館は「稽照殿」という名称で知られています。大正12年(1923)に開館しました。平安時代から江戸時代までの、甲冑・刀剣・武具・絵画・仏具・陶磁器、漆器、服飾、文書、墨跡など重要文化財131点を含む展示をしています。収蔵品のほとんどは上杉謙信、景勝、鷹山、直江兼続の遺品です。米沢市出身の建築家・伊東忠太による設計です。

詳細情報
住所 山形県米沢市丸の内1-4-13上杉神社宝物殿
アクセス 米沢駅からバスで12分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~16:00
料金 小中学生:200円
高大学生:300円
大人:400円
※20名以上で団体割引適用
お問い合わせ 0238-22-3189
公式サイト 稽照殿|米沢観光NAVI

37. 高畠ワイナリー

img_0 (3)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

自然豊かな高畠町にある「高畠ワイナリー」は、1990年に創設されました。高畠の山の斜面を利用して栽培している葡萄を使ったワインを作っており、製造工程を見学することができます。見学後はワインの試飲も楽しみの1つです。ワインはもちろん、オリジナルの商品やワインに合った名産品はお土産にぴったりです。

詳細情報
住所 山形県東置賜郡高畠町大字糠野目2700-1
アクセス 高畠駅から徒歩で10分
地図 Googleマップ
営業時間 ・9:00~17:00(4月~11月)
・9:00~16:30(12月~3月)
料金 無料
お問い合わせ 238-57-4800
公式サイト 高畠ワイナリー

38. 公益財団法人 上山城郷土資料館

06311280出典:http://community.travel.yahoo.co.jp/

「公益財団法人 上山城郷土資料館」は昭和57年(1982年)、天守閣風に建てられた郷土資料館です。歴史的にさほど重要というものではありませんが、4階建ての最上階からは蔵王連山や上山市街が見渡せます。また、敷地内には月岡神社、月岡公園などがあります。気楽な散策の後には足湯もあるのでゆっくりと疲れを取ることができるでしょう。

詳細情報
住所 山形県上山市元城内3-7
アクセス かみのやま温泉駅から徒歩で10分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~16:45
料金 ・大人:410円
・高大学生:360円
・小中学生:50円
※20名以上で団体割引適用
お問い合わせ 023-673-3660
公式サイト 羽州の名城 上山城 ホーム

39. 小野川温泉

27911出典:http://travel.rakuten.co.jp/

最上川源流である大樽川の清流の蛍で有名な温泉と言えば「小野川温泉」です。小野小町ゆかりの温泉と言われているのは、小野小町が京都から東北に向かう途中で病に倒れた時、この温泉に浸かって治癒したという伝説があるからです。上杉藩主も愛した温泉とも言われており、歴史ある温泉に浸かり、蛍を愛でるのは至福のひとときとなることでしょう。

詳細情報
住所 山形県米沢市小野川町2501-1
アクセス 米沢駅からバスで30分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0238-32-2740
公式サイト 小野川温泉観光協議会

40. 姥湯温泉 桝形屋

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

山に囲まれた秘湯の宿「姥湯温泉 桝形屋」では極上の景色と極上の温泉が待っています。源泉にほど近く、湯量は豊富です。硫黄の匂いのするお湯は、青っぽく白濁していながら透明感もある神秘的な色をしています。3つの露天風呂でたっぷり温泉を満喫できます。山を越え狭い道を車で行くだけのことはあります。

詳細情報
住所 山形県米沢市大沢姥湯1
アクセス 峠駅より送迎車にて25分(要予約)
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0238-35-2633(桝形屋案内所)
公式サイト 姥湯温泉 桝形屋

41. 鶴岡公園・鶴ヶ岡城跡

img_3 (1)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

鶴岡庄内藩主、酒井家が居城とした鶴ケ岡城跡に整備された公園が「鶴岡公園・鶴ヶ岡城跡」です。当時の石垣やお堀がそのまま残っています。樹齢数百年の杉や、お堀に並ぶ桜の木々がお城の名残を感じさせます。特に、730本の桜は「日本さくら名所百選」に選ばれており、桜の名所です。到道館や国重要文化財の旧西田川郡役所などの文化財や史跡がコンパクトに集まっている場所です。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市馬場町4
アクセス JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通湯野浜温泉行きバスで12分
致道博物館下車すぐ
地図 Googleマップ
料金 無料
お問い合わせ  0235-25-2111(鶴岡市観光物産課)
公式サイト 鶴岡公園

42. 日和山公園

2013_4_20_005出典:http://cafe893.cocolog-nifty.com/

酒田の町の中心部から歩いて15分ほどのところに「日和山公園」があります。坂の上展望台に上ると風が爽やかに通り、散策の間に一息つけます。また、日本最古の木造灯台である木造六角灯台は酒田のシンボル的存在であり、必見です。新緑の季節や桜の時期には港や灯台と共に、心穏やかな風景を楽しめます。

詳細情報
住所 山形県酒田市南新町
アクセス 酒田駅からバスで5分、バス停から徒歩で5分
地図 Googleマップ
公式サイト 日和山公園 — 酒田市

43. 霞城セントラル

img_0 (5)出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

JR山形駅から直結する山形市のランドマークと言えば「霞城セントラル」です。1階には山形の観光情報ブースがあり、観光客の情報収集の場として役に立ちます。吹き抜けで約1,000平方メートルの広さの「アトリウム」では随時イベントが行われます。そして必見は、最上階24階にある展望ロビーです。無料開放されており、山形市街地を一望できます。

詳細情報
住所 山形県山形市城南町1-1-1
アクセス ・JR山形駅西口から徒歩2分
・東北中央道山形中央ICから約8分
地図 Googleマップ
営業時間 7:00~22:00
お問い合わせ 023-647-7211
公式サイト 霞城セントラル

44. 蔵王温泉 川原湯共同浴場

8afb54cd出典:http://blog.livedoor.jp/

蔵王温泉には3つの共同浴場がありますが、もっとも人気があるのが「川原湯共同浴場」です。こんこんと湧く、源泉のお湯は、強酸性で硫黄成分が多く、少しピリピリします。しもやけや傷など、皮膚に効くと言われています。。建物はこんじんまりと共同湯の風情を残しつつも、建物自体が新しく清潔感があるので気持ち良く入れます。

詳細情報
住所 山形県山形市蔵王温泉川原43-3
アクセス JR山形新幹線山形駅から山交バス蔵王行きで40分蔵王温泉下車
地図 Googleマップ
営業時間 6:00~22:00
料金 ・大人:200円
・小人:100円
お問い合わせ 012-694-9005
公式サイト 蔵王温泉共同浴場のご案内

45. 赤川花火大会

c0211639_15485263出典:http://teamfk.exblog.jp/

日本の花火100選でベスト10入りする人気の花火大会の1つは「赤川花火大会」です。赤川河畔を活用して全長2kmに渡る打ち上げ場所を使い、上空幅は1000mにもなる花火大会は、全国でも最大級の規模です。「全国デザイン花火競技会」も兼ねているため、日本のトップクラスの花火師の華美な競演が見ものです。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市伊勢原8-5
アクセス JR鶴岡駅から徒歩30分
地図 Googleマップ
開催時期(予定) 8月15日(土曜日)
打ち上げ数 約1万2000発
人出 約31万人
お問い合わせ 0235-28-1873
公式サイト 赤川花火大会|山形県鶴岡市

46. 白銀公園

101-0997d出典:http://waradutoya.blog.so-net.ne.jp/

銀山温泉街を奥の方へ進んで行くと延沢銀山の跡にある「白銀公園」に到着します。小さな滝の下が浅瀬になっており、滝壺の数メートル先から足首くらいの深さなのでこどもでも安心して入って遊ぶことができます。また、渓流沿いには散策コースが整備されており、約1時間程度景色を楽しみながら軽い散策ができます。そこで見られる落差22mの白銀の滝は迫力があります。

詳細情報
住所 山形県尾花沢市銀山温泉地内
アクセス 山形新幹線大石田駅より市営バス銀山温泉行40分
銀山温泉より徒歩20分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0237-28-3933 (銀山温泉観光案内所)

47. 藩校致道館

o0720040511623249377出典:http://ameblo.jp/hayatoryokan/

文化2年(1805)酒井家九代目藩主・忠徳公が創設した藩校が「致道館」です。論語の一節「君子学ンデ以テソノ道ヲ致ス」がその名の由来です。表御門、孔子を祀る聖堂、講堂などが約200年を経た今でも手入れされた状態で見ることができます。藩校の目的は、優れた人材育成だったそうですが、武士たちがここで切磋琢磨していた様が目に浮かぶようです。

詳細情報
住所 山形県鶴岡市馬場町11-45
アクセス ・鶴岡駅からバスで10分
・山形自動車道 鶴岡ICから車で10分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~16:30
料金 無料
お問い合わせ 0235-23-4672
関連サイト 庄内藩校 致道館

48. 酒田夢の倶楽

o0800060012921787315出典:http://ameblo.jp/

明治26年(1893)、酒田米穀取引所の付属倉庫として建造された山居倉庫の12棟のうち、9棟が今も農業倉庫として現役、残り2棟を改装して観光物産館としたのが「酒田夢の倶楽」です。レストラン、お土産屋のある幸の館と、酒田に関するミュージアムの華の館があります。さほど広い場所ではありませんが、紅葉の季節にはとても雰囲気がよく、写真撮影も楽しめます。

詳細情報
住所 山形県酒田市山居町1-1-20
アクセス ・酒田駅出口から徒歩約22分
・東酒田駅出口から徒歩約48分
地図 Googleマップ
営業時間 9:00~18:00
お問い合わせ 0234-22-1223
公式サイト 酒田夢の倶楽|観光スポット|酒田さんぽ

49. 蔵王エコーライン

img_0307出典:http://kair2250r.cocolog-nifty.com/

蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖が釜の形に似ていることからお釜と呼ばれていますが、このお釜へ続く道が「蔵王エコーライン」です。お釜は湖面にエメラルドグリーンの神秘的な水をたたえ、蔵王のシンボルと言えるでしょう。蔵王エコーラインは滝があったり、紅葉や新緑などが美しく、ドライブにお勧めですが、数十キロに渡りヘアピンカーブが続くので、車に酔いやすい人は注意が必要です

詳細情報
住所 山形県上山市~宮城県蔵王町
アクセス JR東北新幹線白石蔵王駅からミヤコーバス遠刈田温泉行きで50分
終点下車、タクシーで40分
地図 Googleマップ
お問い合わせ 0224-33-2215(蔵王町農林観光課)
関連サイト 宮城県・蔵王町観光物産協会 » 蔵王エコーライン

50. 酒田の豪商 本間家旧本邸

img_5出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

北前船で大成功を収めた酒田の豪商本間家の屋敷で、歴史資料、美術品を展示しているのが「本間家旧本邸」です。武家づくりと商家づくりがひとつの建物の中にある珍しい建物と言われています。日本一の大地主の屋敷、というイメージより質素な印象を受けますが、細部の造りから品を感じます。屋敷内は撮影禁止、要すれば係の方から説明を受けることができます。

詳細情報
住所 山形県酒田市二番町12-13
アクセス 酒田駅からバスで10分
地図 Googleマップ
営業時間 ・9:30~16:30
・9:30~16:00(11月~2月)
料金 ・小学生:200円
・中高生:300円
・大人:700円
※20名以上で団体割引適用
お問い合わせ 0234-22-3562
公式サイト 本間家旧本邸のホームページ

最後に

いかがでしたでしょうか?

東北地方でもぱっとしない山形県ですが、都会では決して味わうことが出来ない観光スポットが沢山あるんですよ。

個人的におすすめしたいのが、樹氷鑑賞です。12月下旬から3月上旬と期間も長いので、冬休みに暇を持て余している人、非日常の空間を手軽に味わいたい人にもってこいです。

これから予定している旅行計画などの参考にして頂けたらとても嬉しいです。

SPONSORED LINK

  関連記事

ド定番!京都観光おすすめスポットランキングBEST100|外国人、子供連れ、カップル必見

京都は世界の観光ランキングで、日本都市唯一のトップ10入りで、1位という誰もが認 …

【保存版】日光観光スポットランキングTOP60|名所から穴場まで

栃木観光と言えば、日光がまず頭に思い浮かぶ方が多いでしょう。 なぜなら、関東圏の …

浅草観光おすすめスポットランキングTOP60|定番から穴場まで

浅草は戦後を暫く活気が失われていましたが、今では外国人にも大人気の観光スポットに …

江ノ島観光を日帰りで子供と120%楽しむスポット50選

江の島は関東でも有名な観光スポットですが、江の島市という場所があるわけではありま …

東京都内でカップルにおすすめ!のんびり雨の日デートスポットランキングTOP50

よし。ずっと楽しむにしていた場所にやっといけるぞ!そんな意気込みも虚しく突然の雨 …

鎌倉観光デートにもおすすめランキングTOP50|定番から穴場スポットまで

学生時代歴史の勉強を真面目にしていない人でも、いい国作ろう鎌倉幕府だけは覚えてい …

大分県湯布院観光おすすめスポットランキングTOP50|定番から穴場まで

大体の観光名所である湯布院ですが、漢字が二通りあるのはご存知ですよね?湯布院と由 …

沖縄観光おすすめスポットランキングTOP100|定番から穴場まで
鹿児島観光おすすめランキングスポットTOP50|カップルや子供にもぴったり
岡山観光(倉敷中心)おすすめスポットランキング50選|定番から穴場まで

岡山観光と言っても、行ったことがない人であれば、知名度が高い倉敷くらいしか知らな …